生田竜聖アナウンサーを見守り続けてゆく上で彼のいいところ、つまり、彼の武器に関して再考してみたい。

9813730.jpg

最近の彼を見ていると「もしかして、天然なのでは?」という疑惑が私の中で大きくなってきたのだ。

最近の彼のブログを見ると、自身の趣味である演劇鑑賞の一環と会社のPRを兼ねてダイハツ「オーヴォ」の鑑賞とその感想を書いている。

そして、ローリングストーンズのコンサートに行き、平均年齢69才とは思えないパワーに圧倒されたと書かれている。

さりげなく、キャイ~ン天野君との交友関係も垣間見せつつ、問題の写真を言及

「オーヴォ開演記念のカブトムシ ザ 竜聖くんです!

革靴がオシャレポイントです!」

まったくの道化である。

確かに、竜聖氏は、フジテレビのアナウンサーつまり、会社員であり、会社の命令とあれば演劇の感想のひとつやふたつとは思います。

しかし、あの仮装は、仕方なくやっているのではなく、心から楽しんでいるとしか思えないのです。

与えられた仕事を嬉々として行うことは、希有のことであり、本当であればこれほどの幸福はないわけです。

竜聖くん、君は今の仕事がたのしいか!!!

きっと楽しいのであろう。

そんな彼をこれからも暖かく見守り続けましょう。