月曜日の朝、フジテレビのめざましテレビに出演した生田竜聖。

cd871.jpg

そつなく、レポートを行っていたが、何かパンチが足りない。

やはり、メインの番組がほしい。


番組が終了しているが、「生田くん、ハイ!」と言う土曜日に放送されていた番組が終了したのは、誠に惜しい。

しかし、こんなミニ番組など今は、いいのだ。

古館さんにプロレス中継があり、羽鳥さんにズームインがあり、久米さんにベストテンあり、生田アナには、何がいいのか?

まずは、情報番組、それも朝又は昼の帯がよい、生田アナの端正な顔立ちは、主婦層にももてるはずだ。

そして、運動も出来そうなので、チャレンジ物を組み合わせてはどうだろう。

いつもは、スタジオで、小倉さんの様にコメントを中心に司会をしているにも関わらず、進め!電波少年ばりの体当たり企画をぶち込んでみては、どうだろう。

今なら、アポなしで、ブラジルワールドカップを取材とか、思い切って、アポなしブラジル代表インタビューとか。

それも、土日の弾丸ツアーで、スタジオトークには穴を空けないという、ハード企画。

若く、体力もあり、今しか出来ない企画をこなしておけば、将来の糧ともなろう。

ここまで、書いていて、これは、若手お笑い芸人と何ら変わらない事に気づいてしまった。

10年後、生田アナが「やぁー!」「やばいよ、やばいよ」など、定番フレーズを話している図しか思い浮かばない。

再度、作戦を考えなければ。