見守るアナウンサー

女子アナと略されるほど、メジャーな女性アナウンサー。

wowo112.jpg

しかし、男性アナウンサーは、日の目を見る事はない。

有名男性アナウンサーと言えは、TBSの安住アナ、日テレの枡アナと後は、フリーのアナウンサーになってします。

そこで、次代の男性アナウンサーが誰かを予想してみた。


候補は、数名いたが、以下の理由により「生田竜聖」を選んだ。

1.顔が端正である。

2.若い

3.まだ、そんなに有名ではない。


本来であれば、独身の方がよいのだが、フジテレビのサイトを見たが、残念ながら端正な顔立ちが彼しかいなかったのだ。

そして、彼には不確定要素が2つある。

1.妻が女性アナウンサーである。

2.兄が、俳優生田斗真であること。

今までの有名アナウンサーと言えば、久米さん、福留さん、徳光さん、古館さんと決して顔立ちや経歴で、人気が出たわけではないが、安住アナや羽鳥アナは、端正な顔立ちだったりするので、ここは、顔立ちをある程度は、重視したい。
フジテレビは、女子アナを育てる技量があるのですから、男性アナも十分に育てる素地は、あるはずと勝手に思っております。
今後の彼を不定期にウォッチ致します。
 






観察

さて、生田アナをウォッチするにも、テレビに齧りついている訳にもゆかず、さりとて他の手立てはを講ずる必要がある。

注目したのは、彼のブログである。

imgp0501.jpg

不定期ではあるが、更新をしているので、基本的にこれを参考に彼のウォッチをすることした。


早速、12月12日に更新されたブログを見てみる。

「ウイルス」と言う題名で、舞台の事が書かれている。

どうやら、生田アナは、舞台を見るのが好きな様である。

確かに、趣味には、舞台鑑賞なる文字がある。

そして、ブログでは、続けてニューヨークの舞台の話に。

フジテレビの女性アナ阿部知代さんが、ニューヨークでその舞台を見たブログを紹介。

見たいと言う気持ちと病気を掛けて、舞台が見たいウイルスに掛かったと締める。


ん~どうも、読んでいて全く興味がわかないぞ!

そんな事で人気男性アナになれると思っているか?

私は、強く生田アナを叱咤するのである。

これは、自分なりの生田アナ改造計画を練る必要があるのではないかと、彼を応援する者として越えてはいけないラインを超える時が来たのではないか?





出演番組

私の頭は混乱している、彼にはポテンシャルはあるはずだ。

フジテレビ、云わずと知れた女子アナの宝庫、

男性アナだってきっと売れる土壌があるに違いないのだ。

img3966480319.jpg

私は、少し目先を変え、彼が出演している番組をチェックする事にした。
公式ページによれば

めざましテレビ ココ調(月)

プレミアの巣窟

FNNレインボー発・あすの天気(水)

BSフジLIVEプライムニュース(水)

BSフジニュース(水)

カレッジすぽるとGREEN GENERATION(土)

全部で6本


現在、好感度№1アナウンサーの出演番組が

ZIP

日本プライド

高校生クイズ

比べて見ても倍はある。


更に、フジテレビの加藤アナが

めざましテレビ(月?金)

ホンマでっか!?TV

僕らの音楽 works

とんねるずのみなさんのおかげでした

TEPPEN

世界法廷ミステリー

ダイヤモンドグローブ

決して、本数が少ない訳ではない。

 


では、何がいけないのかと更に見てみると、気づいてしまった。

枡アナも加藤アナもメイン又はサブの番組を持っているのに、生田アナは持っていない。

そーなのだ、やはり、メインを持たなければいけないと言う事だ

しかし、そんな私の気持ちを他所に、生田アナは、12/19のブログで

THE MANZAI2013の掛け声で出演をした、初出演(?)と浮かれた投稿をしている。





更新

年も改まり、久しぶりにチェックをしてみると、生田アナがブログを更新していた。

img_4449.jpg

どうやら、ブログ用に写真をフジテレビアナウンサーの倉田アナなどにお願いをして、実際に取った写真をアップ。

どうでもいい内容と言えば内容ではあるが、ファンに取っては、更新されている事が大事だったりする。

前回は、12月20日、何と1ヶ月前の更新が最後ではないですか

何となく、思っていた事ではあるが、生田アナは、筆不精とみた。

どうだろう、いっそ、妻の秋元アナを出したらどうだろうか?

現在、産休中でもあり、良い花を添えると言う物

いや、ならば、兄の斗真さんの写真を載せた方が・・

つらつらと考えると、それでは、彼の成果ではなくその他周りの成果となってしまい、実力男性アナの道としては、他力本願すぎるという物。


更新頻度を見ても、10月は1回の更新を考慮すると、ブログを利用したファン獲得は無理(大体がブログ自体が・・・)、fecebookもやっていない。

tiwtterもない、この辺は、フジテレビが管理をしていると考えた方がいいのかも知れない。

ん~人気男性アナの道は、険しいぞ!生田竜聖。
 





作戦

月曜日の朝、フジテレビのめざましテレビに出演した生田竜聖。

cd871.jpg

そつなく、レポートを行っていたが、何かパンチが足りない。

やはり、メインの番組がほしい。


番組が終了しているが、「生田くん、ハイ!」と言う土曜日に放送されていた番組が終了したのは、誠に惜しい。

しかし、こんなミニ番組など今は、いいのだ。

古館さんにプロレス中継があり、羽鳥さんにズームインがあり、久米さんにベストテンあり、生田アナには、何がいいのか?

まずは、情報番組、それも朝又は昼の帯がよい、生田アナの端正な顔立ちは、主婦層にももてるはずだ。

そして、運動も出来そうなので、チャレンジ物を組み合わせてはどうだろう。

いつもは、スタジオで、小倉さんの様にコメントを中心に司会をしているにも関わらず、進め!電波少年ばりの体当たり企画をぶち込んでみては、どうだろう。

今なら、アポなしで、ブラジルワールドカップを取材とか、思い切って、アポなしブラジル代表インタビューとか。

それも、土日の弾丸ツアーで、スタジオトークには穴を空けないという、ハード企画。

若く、体力もあり、今しか出来ない企画をこなしておけば、将来の糧ともなろう。

ここまで、書いていて、これは、若手お笑い芸人と何ら変わらない事に気づいてしまった。

10年後、生田アナが「やぁー!」「やばいよ、やばいよ」など、定番フレーズを話している図しか思い浮かばない。

再度、作戦を考えなければ。